ブログのお引っ越し
【新しいブログ】
http://d.hatena.ne.jp/onkochisin1214/

2回目の引っ越し、3個めのブログです。
amebloの時もそうでしたが、ついに昨年よりexiteも書いた日記内容を自動的に読み取って広告が貼付けられるなど、住みづらくなったので、お引っ越しします。
amebloは現在、すでに日記をシンプルに見せる意味を失っています。

ブックマークしてくれてた人はすみません。新ブログで、引き続きよろしくです。

ちなみに今までのブログはこれ

[exite]2009.1-2012.3
http://shitamichi.exblog.jp/

[ameblo]2005.9-2009.6
http://ameblo.jp/fuji-taka/

ちなみに、これらすべてのブログのすべてではないけどお気に入りの日記をアーカイブしたページを下道web内に作りました。
http://m-shitamichi.com/daily-archive/


では。
[PR]
# by moto-michi | 2012-03-12 10:22
ようやく名古屋♥
雪の降り始めた頃から、少し暖かさを感じる様な時期まで、3ヶ月青森に滞在しました。
先日、青森での展示作業等を終え(展示は今月25日まで)、東京で少し過ごし、昨日やっと名古屋へ帰ってきました。今日は久しぶりにゆっくり昼過ぎまで寝ました。
そういえば、先日木村伊兵衛賞を受賞した写真集「東北」田附勝の編集者は「戦争のかたち」も編集してくださった浅原さんで、ひとり喜びました。この写真集は東北の生を写した素晴らしい美しい写真集だと思います。

今月末より 広島市現代美術館でグループ展に参加します。
僕は「戦争のかたち」を空間に再編集します。
昨年は震災を受け、αM galleryの[Re-Fort 6]の計画を白紙にして、[bridge]という作品を作りました。遠い記憶を扱うのではなく、目の前に大きなうねりが起こっている時、自分に何が出来るかを考えた結果こうなりました。
[bridge] ←HPつくりました
ただ、今急激に日常に引き戻され得行く中で、今回展示する2005年に制作した「戦争のかたち」は今だから見えてくるモノとコトの[残り方/消え方]を提示している部分があるのではないかと、写真を焼き直し再構成しながら考えています。写真集を見てくれた方、そうでないかた、いろいろな方に見てもらえるよう、作っていきます。よろしくです。



::::::::::::::::::::::::::

[この素晴らしき世界:アジアの現代美術から見る世界の今]

e0172446_1633221.jpg

2012年3月24日(土)〜5月13日(日)
広島市現代美術館

この世界はいったいどこへ向かおうとしているのか
7名のアジア出身アーティストが描きだす、"私たちの素晴らしき世界“

アジア諸国の昨今の急激な経済成長は、世界がいまだかつて経験したことのないほど多様な変化をもたらしています。再開発、高層ビルや新築物件の建築ラッシュ、市場の活性化に伴う海外資本の流入によって街の姿は一変し、人々の繁栄の証ともいえる華麗なる都市の変化を謳歌しながら、一方ではその影に潜む諸現象――古き良き時代の光景の喪失、自国文化衰退の危機、経済格差が生み出す貧富の差の拡大、そして環境破壊にも気づいています。また、未曾有の経済的発展が引き起こす世界のパワーバランスの変化により、民族やジェンダーへの関心が高まり、過去や歴史に対する認識の違いや領土をめぐる争いも表面化しています。

私たちのこの世界はいったいどこへ向かおうとしているのか。今一度この問いと向き合い、未来の世界のあり方を考えようという試みである本展は、変動を続けるアジアを出自とし、世界で活躍する7名の作家を取り上げ、ユーモラスでウィットに富んだそれぞれの「世界」の表象を紹介します。現実だけでなく理想をも表象した作品は、希望に満ちた素晴らしき世界へ向かうヒントを与えてくれるでしょう。

出品作家

Shilpa Gupta/シルパ・グプタ:1976年生まれ、インド
Kuo I-Chen/郭奕臣(グォ・イツェン):1979年生まれ、台湾
Michael Lee/マイケル・リー:1972年生まれ、シンガポール
Motoyuki Shitamichi/下道基行:1978年生まれ、日本
Tintin Wulia/ティンティン・ウリア:1972年生まれ、インドネシア
Jun Yang/ジュン・ヤン:1975年生まれ、中国
Chu Yun/储云(ツゥ・イュン):1977年生まれ、中国

http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/main/www.html
[PR]
# by moto-michi | 2012-03-11 16:40
一応報告
本当に落ち込みましたが、以前から話していた賞金をかけた展示で落選しました。
その賞は岡山ゆかりの若い作家を支援するために設立されたもの。
アーティストというのは基本、誰からも頼まれていない物/視点を作っているわけで、商品になりにくい作品を作っていると、そういう支援をもらわないと作りながら生きていくのは難しいので、大変有り難いし、期待をしている自分がいたんですね。これだけ落ち込みってことは。
ただ、地元の岡山で小さい作品ですが、沢山の人に見てもらえたのは良かった。まぁ、結局、僕が何かを失った訳ではないですし、ただ悔しいなぁ。

ほぼ自発的に何かに興味を持ち、徐々に時間をかけてつくっていき、発表する場所を決めて、ひとつのかたちにする。[戦争のかたち]も[日曜画家]も[Re-Fort]も、「カタチにしたい!」という気持ちがあって、時間をかけて何年も進めてきたもの。そこに賛同しておもしろがってくれる人がいて、協力してくれて、素晴らしい形で発表できてきた。
そして、[(torii)]や[Dusk/Dawn]やそのほかの「行為のかたち」シリーズをカタチにしたいとおもって今進めている。
(岡山の賞では、[(torii)]の一部を展示したんだけど、僕としては、この作品の一部とコンセプトを見てもらって、今年完成させるための取材や制作費を出して欲しいという、公開プレゼンのような気持ちだったんだけど。少し明確すぎたかもしれません(笑))

ただ、何年もかけて作り、無事発表できても、素晴らしい得難い経験と共に、負債が残ります。
それがなんとか無くなるように、いろんな人で努力してるんだけど、これは本当に悩ましい問題です。。

つい先日、facebookで、中学の同級生から、「久しぶり。展示してるんだ。写真集を出版してるんだ。勝ち組だね。」というメール。地元で起業して家も家族も持っている同級生の方が…、と思いつつ、まぁ写真集出してたらそう思うわな(笑)と複雑です。

今後は、[(torii)]や[Dusk/Dawn]のシリーズは海外取材を行い、発表をしていくための資金をなんとかしないといけません。具体的には、ロシア、アメリカ、インドへ行きたい。カタチになるイメージと準備は持っています。この部分で賞金という棚ぼたに期待していた気持ちを切り替え、方々からかき集めていく計画を練っています。青森は、作ったり想像したり興奮したり落ち込んだり、そんな良い時間を過ごさせてもらってます。

最後に、
青森での展示なのですが、ベトナム制作[connect]を展示予定でしたが(インストールはしてみたのですが)、諸事情により撤去し、新作[crossover]と昨年制作の橋のようなもの[bridge]のみの展示となっています。期待されてきた方には申し訳なく思います。滞在中にもう一度制作し、別の方法で見せられないか検討しています。ご期待ください。

今日の雪は少し水っぽくて重たい雪です。スタッフの方は「春に向かっているような雪だなぁ」と話していました。いろいろな視点で季節を感じ取れる能力を人はしれぞれ持っているなぁと。
[PR]
# by moto-michi | 2012-02-23 11:43
北の方から
みなさん、お元気ですか…。
青森は、北海道ではないけど、すごい雪です。
ただ、とてもいい展示になりそうなわけで…。





[PR]
# by moto-michi | 2012-02-14 10:02
ひとつの中崎透論

僕の大学の同級生/中崎について、梅香堂の主人が書いています。
彼がいろいろと興味深い男である事はみなさま周知の通りです。
リツイートだけでは流れてしまうので、リンクしときます。
ひとつの中崎透論ではないかと思います。

「中崎展撤収終了・水戸へ帰る」
http://gogota.iza.ne.jp/blog/entry/2595177/


僕は現在展示準備の佳境です。順調です。
こちら青森でも、中崎はアイドルのような存在です。
[PR]
# by moto-michi | 2012-02-13 19:12
『3331 TRANS ARTS vol.03』に写真掲載!
2011年1月11日、nap galleryオープンに合わせて制作/展示されたシリーズ「DUSK/DAWN」。
カンボジアの夜明けとギリシャの日の入りが、場所と時間を越えて繋がる写真シリーズ。
どこかで見ている夕日はその瞬間きっとどこかの朝日だったりする…、そう思ったのをきっかけに、焼く事なく放置していた旅のスナップのネガの山から編集、さらに旅を重ねて制作しました。
「はじまりはおわり」だったりするし「おわりははじまり」だったりする。結構アツい作品です。
展示で壁面に2m70cmの大型プリントで展示された写真が、3331が発行するフリペ『3331 TRANS ARTS vol.03』に見開きで登場!是非入手してください。
うれしいな。印刷になるってのは〜

http://blog.3331.jp/staff/201202/001461.html
[PR]
# by moto-michi | 2012-02-10 09:36
夜行列車
明日、始めての夜行列車に乗ります。
青森から大阪へ。「日本海」。2段ベッドの下の席。
明日から大雪、さらに雪で良く運休になるらしいのでのれるかなぁ。。。
3月でこの「日本海」は廃止になります。
高速バスとかビジネスホテルとか、安いしね。


では、今日のラストの一曲。
Guns N' Roses で「Night Train」。


[PR]
# by moto-michi | 2012-02-07 23:22
..



[PR]
# by moto-michi | 2012-01-31 23:06
東京→青森
眠れない高速バスで早朝青森につくと、まぶしい豪雪の町。
1週間程度の東京の滞在は、会いたい人に会えたし、写真も焼けたし、前へ進んでいる感じの手応えがある。ただ、少し疲れた…、まぁ風邪をひかないようにしないと。展示まであと2週間。今回は、最後バタバタしないよう数日前にインストールを済ませよう。目標。
内容?かなりいい感じです。雪の新作。そして、その新作と、昨年夏のαMのシリーズ[bridge]とベトナムで制作したシリーズ[connection]。震災後にスタートしたこれらのシリーズが繋がります。
今、隣の空間では佐々木愛さんが巨大な壁画を描いています。静かで美しい、砂糖の巨大な壁画です。甘い匂いがしてます。
静かな雪に閉ざされた国際芸術センター青森へ、ゆっくりした時間を過ごしに、是非お越し下さい。
2月18日オープン、2月末まで下道はいますので。





Spinning, laughing, dancing to
her favorite song
A little girl with nothing wrong
Is all alone

Eyes wide open
Always hoping for the sun
And she'll sing her song to anyone
that comes along

Fragile as a leaf in autumn
Just fallin' to the ground
Without a sound

Crooked little smile on her face
Tells a tale of grace
That's all her own

Spinning, laughing, dancing to
her favorite song
A little girl with nothing wrong
And she's all alone
[PR]
# by moto-michi | 2012-01-31 16:58
新作
愚痴っぽい話から始めると。

写真はとにかく時間と金がかかる。。
長い時間をかけて取材して作ってきて、一回、グループ展に出品したら、もう旧作になってしまう…ってのはやはり辛い。それはどこどこで見ましたと。。
いつも同じ素材を使いながら、違う空間に作り変えられる作品なら、それは可能だろう。絵画やインスタレーションとかなら、同じシリーズとして空間にあわせて新作として。
やはり、じっくり制作して発表したいし、そこで見てない人も多いし、その後もその作品をいろいろな場所で発表したい。それってダメなの?
短期間で、低予算で、新作を、となると、写真の場合、なかなか難しい。
クオリティは落としたくないし、数ヶ月で新作になりうる”出会い”があるかも分からない。

ただ、

与えられた現状に挑戦してって、乗り越えて作っていかなくては面白くない。

じっくり作って行くシリーズも作るし、そうでないのも作る。
じっくりタイプのやつの場合は、いい個展と、その後もたくさん場所で見せて行きたい。これは、自分のペースで自分の逆指名で行って行きたい。
そして、与えられた条件がある場合も、期間内でその場所で新作も作って発表できる方法も生み出して、その場限りの作品も見せて行きたい。
平面の写真ではできないこともやって行きたい。
だから、まぁ、はじめから写真をやりたくて写真を手にした訳ではないし、
今後、いくつものスタイルを制作を行くことになりそう。

明後日より青森に帰ります。
東京で、青森にて年末年始に撮った写真をプリントしてました。epsonのラボでインクジェットです。モノクロです。すべてが初挑戦。1ヶ月半でこのペース、順調です。
国際芸術センター青森の展示「再考現学」は2月18日から3月末まで。
雪が沢山積もっている山の中の展示です。作品と空間と、ゆっくり静かに時間を過ごせる、いい展示にしようとがんばっています。遠いし雪ですが、だからこそ、良い時間を過ごしに、青森へ是非お越し下さい。
温泉も最高よ。
2月末まではいますので、早めにご連絡いただければ、予定を合わせますので。
では。
[PR]
# by moto-michi | 2012-01-29 04:07



下道基行
by moto-michi
活動
::::ホームページ::::

SHITAMICHI Motoyuki






以前の記事
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
more...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧